プロ野球史に残る名実況ランキング

 


球史に残る名実況ランキング



10位
「鳥谷がスタートしているー!」

2013年WBC、第2ラウンド、
チャイニーズタイペイ戦。

1点ビハインドで迎えた9回表。
2死1塁でランナーの鳥谷は決死の盗塁を決めた。




9位
「ディス・イズ・プロ野球!」
1988年10月19日、
近鉄対ロッテのダブルヘッダーが組まれていた。

近鉄は2連勝すれば優勝という状況。
一方のロッテは既に最下位が決まっていた。

1試合目は近鉄が勝利。

2試合目は同点のまま9回表、
ランナー2塁のチャンスに

近鉄の新井は3塁線に強い打球を放つが
、ロッテのサード水上がダイビングキャッチ。

結局この試合は引き分けとなり、
近鉄は優勝を逃した。



8位
「行くな、行くな、超えるな」

矢野の引退試合となったこの試合。
2点リードのまま9回表、マウンドには守護神藤川。

しかし制球が定まらず二人のランナーを背負うと、
村田に痛恨の逆転3ランを浴びた。



7位
「痛烈!一閃!今日は、今日は、
スリーランに続いてグランドスラム!」
2006年。この日3ランを放っていたT・ウッズは、
12回表に試合を決める満塁弾を放った。



6位
「ベースボールの地で
野球が世界の頂点に立ちました!」
2006年WBC、日本代表は決勝でキューバを破り、
見事優勝を果たした。



5位
「今この時間が小池のためにある時間だ!!
ゆっくり回っていい!」
2013年限りで引退を決めていた小池。

その引退試合で4回に第1号ホームランを放つと、
8回にも再び決勝ホームランを放った。



4位
「打ち上げた!レフト行った!
大きいぞ!レフト下がる!まだ下がる!
伸びて行け!レフトが下がって!
フェンスの手前!

はいったああああああああああああああああっ!
米野ガッポォー!(泣)

ヒッ、移籍後初アーチがっ!

ヒッ、ファルケンボーグ相手のっ!

ヒッ、満塁ホームラアアアアァン!

ヒッ、米野ホームィヒィィィン(泣)
ヒッ、逆転ダイオンズ!

ヒッ、ごたいさあぁぁあふん・・・!

ヒッ、移籍後初アーチがっ!

ヒッ、ヤフージャパンドームでっ、

ヒッ、繰り返してすいません
ヒッ、ファルケンボーグ相手のっ、

ヒッ、満塁ホームラン!


パ・リーグの内規では、
ベンチの中に、みんなが下がって、

ハイタッチしなければいけないんですが、
全員、そのルールを破って、ベンチの外!
ハイタッチの嵐!

米野っ!1号満塁ホームラァァンっ!
・・・ごたいさんっ!


ヒッ、ライオンズとうとう逆転です(泣)
見たかこれが決意のコンバート!

工藤「・・・ふっふっふっふっふっふw」
プロ野球生命を賭しての、一振りだ!
1号満塁ホームラン5対3ライオンズとうとう逆転!」


悪夢のような現実が
そこには待っていました

なんのための前進守備だ



3位
「生き返れ福留!」
2006年WBC準決勝、韓国戦。

両者得点を奪えず0-0で迎えた7回裏、
代打福留。
それまで不振にあえいでいた福留は
均衡を破る先制2ランを放った。



2位
「しっかりと踏めよ!ちゃんと踏めよ!」
近鉄の優勝が懸かったこの日。

9回裏、代打北川が奇跡の逆転サヨナラ満塁弾。
これにより近鉄の優勝が決まった。





1位
「ちょっと待ってくださいこれは
白いモヤって見えないンだがどうだっ!?

入ったか!?入った!?」

ベニーが放った打球は白い霧の中へ消えていった。

は?



ここまで溜めてこれはつまらんわ

やったぜ。


実家の様な安心感

ディスイズプロ野球は圏外だろ


さあ大谷だ!

これは過去最大の無能



#なんj #2ch #5ch #野球


アーカイブ