岡田彰布「赤星、お前、きょうアレな」 赤星「はい?」

 


岡田彰布
「赤星、お前、きょうアレな」

赤星「はい?」



現役時代は、
当時の岡田彰布監督(55)の主語や説明を省きまくる、独特のオカダ節について

「『そういうことよ』や『そらそうよ』が口ぐせで、


何を言っているのか分からないこともありまして」と
、実は虎ナインも首をかしげることが多かったことを告白。


しかし選手会長として岡田氏と多く会話するうちに理解が深まり、


「監督はものすごいことを考えている。
選手が皆、それを理解できれば勝てる」と、

以降はオカダ語の“通訳”として、若手選手らに説明していたことを明かした。


一方で、そんな赤星氏でも、
あるデーゲームの試合前に岡田氏から

「赤星、お前、きょうアレな」

と告げられた際には意味が分からず聞き返し、怒られそうになったという。

コーチに尋ねたところ、
赤星氏の疲労が蓄積していることを考慮した岡田氏が

“きょうは試合後半から出場な”
との意味だったことが分かった。




どんでんの解説はわかりやすいわ
赤星とともに阪神入りしろや



通訳つけてくれ


最初からコーチが伝えたら駄目なんか?



「赤星、お前、きょうアレ(疲労も溜まってるやろ、試合後半から出場)な」


確かにそれな。

疲れてるわね。


そらもうアレがああしてコレよ

落合に監督の差で負けたと言わしめた名将


赤星のやつに関してはただの照れ隠しやん

今日(は試合後半からの出場な)アレな


こんなんで怒られたらたまらんわな


なんで聞き返しただけで怒られるんだとか言ってるやついるけどよく考えろ
どん語に対して日本語で聞き返してんだぞ


こんな面白いおっさんのどんでんも
高校生の時は、赤井英和がビビるぐらいの存在やったんやろ


#なんj #2ch #5ch #野球


アーカイブ